『リスク』に関連した記事一覧

リスク1、空き室

リスク1、空き室

自分が住みたい部屋を想像する

不動産投資である以上、収入源となるのは当然「家賃」となります。

家賃収入はそのままローン返済に充てることになりますから、

入居者が集まるかどうかは、一番注意しなければいけない点。

資産化するためには、かなりの長い時間が必要なのは言うまでもありません。台所イラスト

安定して住んでもらうためにも

自分が住みたいと思う場所であるかどうか』は

判断する基準としては最適でしょう。

もちろん、サブリース契約をした私は

空室に関するこれらの不安はゼロ!

100%空室保障があるから、月々の収入も安定しているんです!

もし自ら借主を探すとしたら・・・

もし地元不動産にお願いしたら・・・

もしかしたら、不動産投資はしていなかったかもしれません。

地元不動産屋で調べる

もし、空室保障がない不動産業者を選ぶのであれば、

対象物件の周辺にある不動産屋に出向き、

アパートマンションの空室具合をチェックしてみる必要があります。

物件価値が下がらなくとも、家賃相場が下落してしまっては

月々の支払いが滞ることにも繋がります。

10年後、20年後をいかに予測できるかは大変難しいもの。

100%正確な予測など誰も出来ないはずです。

だからこそ、現状で不安がある物件はNGなのです。

特に、中古物件においては、転売を見越した悪徳不動産業者もいるようです。

物件価格や高利回りといった、広告的な文言に惑わされることなく、

自分の目で判断するようにしましょうね。

デザイナーズマンションは人気!

自分が住みたいと思えるかどうか。

簡単なように見えて、不動産投資は間取り表と細かい数字が並んだ資料ばかりで、

こういった視点が意外と見過ごしがちなもの。

当然、借主に住んでもらうのですから、人を招きたくなるような物件を選びたいですよね!

近年のハヤリは概観がお洒落なデザイナーズマンション。

防犯設備が整っている物件なら、

独身女性といった顧客層の幅も広がるから

家賃相場が下がるといったリスクを考える上でも有利なのかも!?

もちろん、チェックするなら外観だけじゃダメ!

公共部分の管理状態を見れば、心地よく住める物件かどうかは一目瞭然。

外観だけ整っていても、この不況下では通用しませんものね。

大切な資産を託せる不動産業者、管理会社かどうかも調べておきましょう。

投資マンション購入後のリスクとメリット

投資マンション購入後のリスクとメリット

将来の生活を想像する

どんなに美味しい話があっても、
客観的な視点で自分の経済状況を把握することが大切。

目先の利益に流されたりしていませんか?
ライフプランの設定とは、決して他人の意思を入れ込んではいけません!厳しい状況のなか、企業は利益を上げることに必死なんですから。

大切な資産を使うのですから
「こんなことになるとは思わなかった」なんて言葉を使わないように、
しっかりと自己資産の管理、確認をしなければなりません。

まず日常生活の収支を正確に把握することから始めてみました。

生活を圧迫する投資に意味があるのでしょうか?
それなら、単に節約生活を続けながら貯蓄をしている方が安全ともいえます。

あえて不確定要素が含まれる「投資の世界」に踏み込むのですから、
“余裕のある資金を使うという絶対ルール”を設けておくのが、
営業トークに流されないためのリスク対策にもなりますよ。

物件は「移動しない」

万が一のケースに備え、売却話を進めた場合において、
速やかに行えるような物件であるかどうかは、
資料に書かれた数字だけでは判断できません。

必ず現地確認を行い、自分の目で確かめた上で判断することが大切ですよ。
その場に行くと、周辺に住んでいる人の雰囲気など得られる情報がいっぱいあります。

一度手にした物件は人気エリアに移動することはありません!
売却、立替などしない限り、その場所で永続的に存在し続けます。

だからこそ、都内物件が絶対的に有利であるのです。
万が一売却となった場合においても、
大打撃と言えるほど物件価値が下がるケースは稀でしょう。
居住者に人気のエリアは売却時においては「人気の中古物件」となってくれるハズ!

不動産は高価すぎるため、株や為替と違って
売却益目的で購入することは庶民には難しいのですが、
不動産は間違いなく「投資」の1つ。

「好きな場所だから」とか「気に入ったから」だけでは
損益を被る危険があることを忘れないようにしなきゃいけませんね。

物件価値を見極める

地名のブランド力に騙されていませんか?

現在の物件価格が適正なものなのかどうか冷静に見極めるためにも、
特定の不動産業者からの情報だけではなく、
インターネットの活用や、現地不動産会社の情報なども利用するのが、賢い選択!

ここ5年ほどあれば、地域の様子は変化するもの。
旧来からの地名イメージ、ブランド力が、現在もそのままとは限りません。

悪徳不動産ともなれば、そこを利用して
上手に価格設定をして利益を抜いているところでしょう。

不動産業者の信頼度を測る意味合いでも、提示されている価格が妥当かどうか、
不動産コンサルタントなど専門知識に長けた人からのアドバイス
利用する価値はあると思います。

コンテンツ一覧

リスク1、空き室
物件が空室になるのは致命傷?賢い運用をレクチャー。
リスク2、金利変動
金利が変化すると家主として何が変わっていくのか?
リスク3、物件価値下落
物件自体の価値は大切な要素。負の資産はいりません!
メリット1、生命保険効果
団体信用生命保険で万が一の場合でも安心できる!
メリット2、節税効果
面倒そうな節税の知識もしっかり抑えて賢い資産運用を。
メリット3、資産形成
ローリスクを取るかハイリターンを取るかが悩みどころ。
メリット4、私的年金効果
私的年金としての不動産投資を考えてみました。
 

供給トレンドを読む

供給トレンドを読む

都内物件は今が買い時?

都内の新築マンションは需要が安定して増加しているにも関わらず、

新築マンションの供給が一気に下落した直後だとか。

しかも、3,000万円を超える物件は都内全体で見ると

販売価格が下落傾向という不動産経済研究所のデータもどこかで目にしました。

  1. 都内物件は継続して需要が見込める
  2. 都内新築マンションは供給が減っている
  3. 都内新築マンションは価格が下落傾向

これって、価格トレンドの底値の状態そのものですよね。

あとは底値を見極めるだけ!

といっても、供給が減っているってことは、

残されたチャンスが少ないって事の裏返しでもあるんですよね。

株や為替と違って、買いたい人が全て購入できるものではない!

という点も良く考えなければいけません。

23区東エリアが狙い目!?

バブル後世代(ギリギリ?)の私ですが、マンションイラスト

全くバブルと縁がなかった訳じゃないんですよね。

当然のように両親はバブルの恩恵を受けていた訳で、

潤沢な資産力を誰もが持っていた

日本経済黄金期を子供として体験してきたことになります。

うちの子にも贅沢させてあげたいけど、

私の時代とは真逆の徹底した節制生活しか見せてない・・・(゜-゜;)

私が選んだ物件は、都内でも需要が高まっているという23区東エリア

汐留から程近い場所だから単身独身者世帯に需要大!なんだとか。

あまり都心のど真ん中に住みたくない、でも通勤時間は30分ぐらいにしたい。

そういった理由から都心に仕事場がある、

サラリーマンやOLの人からの需要がかなり見込めるとのこと。

ココなら、10年後、20年後に資産価値が半減なんてリスクも少ないのでは?

私ってば賢い賢い♪♪(笑)

>>>立地についてはこちらでも

求められるのは決断力!

不動産に限らず、投資には決断力が求められるもの。

踏みとどまって思案しているうちに、チャンスを逃しがちだった夫のようにはなりたくない!

慎重になりすぎるのも問題あるのよね~。

しっかりとした下調べのもと、計画的に進めれば不動産は怖くはない。ハズ。

といっても、業者の言いなりになって大切な資産は預けられない時代。

投資の基本である逃げ道を常に用意しておくことも大切です。

具体的には売却時を具体的にシミュレーションしておくことをお勧めします。

一昔前は、不動産って生涯保有が前提だったけど、

不況の波を越えた今では、不動産は運用するものが常識。

日常生活を圧迫する負債にする訳にはいきませんからね!

投資用ワンルームマンション購入までのステップ

投資用ワンルームマンション購入までのステップ

まずは想定しうる投資リスクをリストアップ

どんなに前向きに検討している優良物件であっても、不動産にリスクはつきもの。
そこを見事クリアにしてようやく、不動産を検討しうる基盤が自分の中で築けるのだと思います。

また、100%失敗がない投資があるなら、誰も苦労しないですしね。
そこで、考えられるリスクを自分なりに箇条書きにリストアップしてみました。

【私が考えたマンション投資に対するリスク】

  • 地価変動リスク・・・
    市街地土地価格は現在底値とも言われてますが、二番底への懸念も。
  • 金利変動リスク・・・
    超低金利時代が続いているため10年後、20年後が逆に不安という声も。
  • 未納、滞納リスク・・・
    入居者の資金状況に依存する部分なので一番対策が取りづらい。
  • 退去時トラブル・・・
    家主の持ち出しが怖いところ。返済プラン見直しの原因にも。

こんなにリスクがあるのに、なぜ投資を?
と・・・お思いになるかも知れません。

でも、もし毎月持ち出しの無いローン実質0円が可能だとしたら?

これだけで、多くの不安が一気に解消されてしまうのですが、
さらに上記全ての不安を一掃できるとしたらいかがでしょう。

それを可能にしてくれそうなのが、サブリースシステム

>>>サブリースシステムについて詳しくはこちら

これは、教えていただいた解決方法です。
この話を聞いたとき、『そんな方法があるのね!』と目からウロコが落ちたような気持ちでした。

ここまで読めば、子持ちの私がマンション投資に踏み切ったことに
共感してくれるハズ・・・・・・ですよね?
 

自分にプラスになる場所選び

あらゆるリスクに対する自分なりの身構えができたら、
次は購入する場所をどこにするか考えなければいけません。

実は、私が勤める商社は国内外問わず支社がたくさんあるため、
転勤に対して身構えておかなければならない事情も抱えています。

そのため、自分たちが住む家に関しては流動的でなければいけません。
転勤のたびに子供が友達と離れちゃうのが可哀想なんですけど。

私の都合で転々としてしまってるのですから、
子供のためになんとか
「永住できる場所を確保してあげたい」とも思っています。

どんな状況になっていても住む場所だけは困らせたくないですからね。
子供の将来も含めて考えても、物権を所有するならやっぱり都内が一番

資産状況からいっても、長期ローンは確実。
物件価値の下落幅を調べてみて価格は高めでも都内がお得って気が付いたのです。
もちろん子供が住みたがる物件であることも考慮しなくちゃいけません。
 

月にかかる収支の流れをつかむ

マンション投資をする際、
まず第一に毎月の収支をシミュレーションすることが大切です。
短い期間での投資ではないので、
お金が毎月どう動くかを把握しなければいけないのは当然のことですね。

そこで極力、不安定要素を取り除く作業が発生します。
私の場合は、複数の不動産パンフレットを手元に揃え、各社の条件を比較。

>>>私が独自に各社比較した表はこちら

同じサブリース契約であっても、
不動産業者によって、苦情処理や原状回復工事など
細かな点において差があるものなのです。

もちろん、私が選んだ不動産会社なら大丈夫!
修繕工事などによる不定期な修繕工事に関しても、月々の積立でしっかり管理してくれるから、突然の出費がないことは子持ちの私にとって、大変魅力的!!
生活費を圧迫することなく、不動産所有を目指せるわけです。

コンテンツ一覧

供給トレンドを読む
今時のマンション事情を把握!都内物件がいま買い時って本当?供給トレンドを読み解く
需要トレンドを読む
ワンルームマンションが人気?あらゆる側面から考察。需要トレンドから読み解く
不動産業者を選定する
不動産業者のセミナー情報を比較紹介
立地を検討する
地方の高利回り物件のメリットとデメリットとは?
住宅ローンを勉強する
初めての不動産で不安な「住宅ローン」を学ぶ
 

Copyright (C) ワンルームマンション投資 All Rights Reserved.