リスク1、空き室

自分が住みたい部屋を想像する

不動産投資である以上、収入源となるのは当然「家賃」となります。

家賃収入はそのままローン返済に充てることになりますから、

入居者が集まるかどうかは、一番注意しなければいけない点。

資産化するためには、かなりの長い時間が必要なのは言うまでもありません。台所イラスト

安定して住んでもらうためにも

自分が住みたいと思う場所であるかどうか』は

判断する基準としては最適でしょう。

もちろん、サブリース契約をした私は

空室に関するこれらの不安はゼロ!

100%空室保障があるから、月々の収入も安定しているんです!

もし自ら借主を探すとしたら・・・

もし地元不動産にお願いしたら・・・

もしかしたら、不動産投資はしていなかったかもしれません。

地元不動産屋で調べる

もし、空室保障がない不動産業者を選ぶのであれば、

対象物件の周辺にある不動産屋に出向き、

アパートマンションの空室具合をチェックしてみる必要があります。

物件価値が下がらなくとも、家賃相場が下落してしまっては

月々の支払いが滞ることにも繋がります。

10年後、20年後をいかに予測できるかは大変難しいもの。

100%正確な予測など誰も出来ないはずです。

だからこそ、現状で不安がある物件はNGなのです。

特に、中古物件においては、転売を見越した悪徳不動産業者もいるようです。

物件価格や高利回りといった、広告的な文言に惑わされることなく、

自分の目で判断するようにしましょうね。

デザイナーズマンションは人気!

自分が住みたいと思えるかどうか。

簡単なように見えて、不動産投資は間取り表と細かい数字が並んだ資料ばかりで、

こういった視点が意外と見過ごしがちなもの。

当然、借主に住んでもらうのですから、人を招きたくなるような物件を選びたいですよね!

近年のハヤリは概観がお洒落なデザイナーズマンション。

防犯設備が整っている物件なら、

独身女性といった顧客層の幅も広がるから

家賃相場が下がるといったリスクを考える上でも有利なのかも!?

もちろん、チェックするなら外観だけじゃダメ!

公共部分の管理状態を見れば、心地よく住める物件かどうかは一目瞭然。

外観だけ整っていても、この不況下では通用しませんものね。

大切な資産を託せる不動産業者、管理会社かどうかも調べておきましょう。

Copyright (C) ワンルームマンション投資 All Rights Reserved.