不動産業者を選定する

セミナーから不動産業者を探る

“セミナー”は、その不動産業者が所有する物件を

プレゼンテーションする場でもあります。

私は大手の不動産会社を選びませんでした。

「安心」が不動産業者選びのポイントなら、なぜ大手にしなかったのかって?

それはもちろん、頭金をいかに抑えて不動産を所有するための

不動産業者選びだったからに他なりません!

対象物件から不動産業者を選ぶ

資金が潤沢にあるのであれば、

選択できる物件の幅が広がり、不動産業者も選びたい放題。

でも現実的には、生活費&子供のための積み立てなど、

収入の大半は入金した途端に消えてしまう…

いわば使ってはいけないお金。

限られた予算でいかに資産運用をするか、賢い選択をしたいものです。

私の資産状況からすると…

大手不動産業者の人気ブランドは手が届かないことは明白。

でも、中古物件はどんなに利回りが良くとも

改修、改築にかかるコスト面を考えると手を出しにくいもの。

ローン完済後に再びローン生活がスタートなんて考えたくもありません!

サブリースは現在の主流

サブリース契約というのはどの不動産業者でも行われています。

従来の不動産業では年収600万円から1,000万円といった

顧客がターゲットでしたが、この不況ですから。

サブリース自体はバブル期からありましたが、

あくまで手間をかけず管理したい、というのが主目的として使われていました。

でも現在では、いかに家主の負担を抑えるかに主目的が変化しているように思えます。

>>>サブリースの利点についてはこちら

収入が大幅に増えることが難しい時代です。

いかに出費を抑え、資産化していくか考えれば…

私の選択って間違ってませんよね?

子供が手離れする頃にはすでにローンが終わり、

不労所得が安定して入ってくるのですから。

ライフプランは他人が作ってくれることはありません、積極的に行動していかないとダメ。

国任せの時代はとっくに終わっています。

もちろん、物件の状況や契約内容等によって契約が出来なかったり、

契約期間が限定されたりすることもあります。

Copyright (C) ワンルームマンション投資 All Rights Reserved.